カフェイン効果

TOP / BLOG / コーヒー豆知識 / カフェイン効果
カフェイン効果

コーヒー好きな人にとって飲む目的は様々です。眠気覚ましに飲んだり、やる気をだすためだったり、リラックスしたい時など…普段何気なく私達が飲んでいるコーヒーにはカフェイン成分が含まれます。さて、今回はさまざまな効果をもたらしてくれるカフェイン効果について詳しくご紹介します。

1. リラックス効果

珈琲_リラックス

1つ目は、リラックス効果です。コーヒーを飲むシチュエーションでほっと一息つきたくなることはありませんか?コーヒーに含まれる成分には自律神経を安定させる効果があると言われおり、疲れた時や休憩時にとても最適なのです。また、味だけでなく芳醇な香りだけでもリラックスできてしまうのだとか。心身の健康を考える人は是非取り入れてみてください。

2. ダイエット効果

2つ目は、これから減量を考えている人へおすすめしたいダイエット効果です。カフェインには大きく分けて「自律神経を高める効果」「集中力を高める効果」「体内の老廃物を排出する効果」の3つがあります。その中でも、脂質を抑えて血流促進作用効果が特に期待されているのは朗報です。飲むだけで体温を上げ、脂肪燃焼効果があるのはダイエットだけではなく健康維持を心がけたい人にも嬉しいですね。

3. 運動神経を良くする効果

最後の3つ目は、運動神経の促進効果です。これは、老廃物の排出に加えて筋肉の働きを同時に活性化させてくれるので運動しやすい体に繋げてくれます。それらの相乗効果で普段よりも酸素摂取量が増えるので健康に気を使っている人必見の効果となります。

4. コーヒーのカフェイン含有量って?

多くの効果を持つコーヒーは、商品種類によってもカフェインの含有量が変化します。通常のカフェなどで提供される液体のホットコーヒー(約100ml)では60mg、顆粒インスタントコーヒー(約100ml)57mg、缶コーヒー 90〜160mgとなります。同じコーヒーでも製造方法などによってカフェイン含有量が違うこと知っておくといいかもしれません。

参考:(食品安全委員会)食品中のカフェイン コーヒーを科学する 

5. 1日のコーヒー摂取量は2~3杯がベスト

多くの良い効果があるコーヒーですが、それでは1日どのくらいの量が適量になのか知りたいところですよね。それは1日約400mgのカフェインが適量と言われています。なので、健康な成人で1日にマグカップ3杯(1杯/200ml弱)程度までが適量です。カフェインは眠気覚ましとして効果的ですが、同時に覚醒・興奮作用もあるので過剰摂取は睡眠に影響が出たりすることもあるので注意しましょう。何事もほどほどが一番です。

参考:(食品安全委員会)食品中のカフェイン