焙煎度合いで変わるコーヒーの味の違い

TOP / BLOG / コーヒー豆知識 / 焙煎度合いで変わるコーヒーの味の違い

世界中で日常的に愛されているコーヒーには、焙煎度合いというものがあることをご存知ですか?コーヒー豆の焼き加減で味が変化し、どんどん炭へと近づくほど黒光りした苦味の強いコーヒーへとなります。逆に焙煎度合いは低いコーヒーは薄茶色で酸味を中心に楽しむことができます。ここでは、そんな気になるコーヒーの焙煎にまつわる話をご紹介します。

1. コーヒー豆の焙煎って?

コーヒーは、コーヒーノキと呼ばれる植物の木から獲れるチェリーの種(生豆)を乾燥させて脱穀し、火で炙ることを「焙煎」と言います。生豆に含まれるほのかな甘み成分が焙煎工程でカラメルとなって色づき、様々な香り・甘み・酸味・苦味が複雑に交ざり合ってコーヒー特有の味になるのです。

2. 焙煎度合いって何?

一般的に、大きく分けてコーヒーの焙煎度合いは「浅煎り・中煎り・深煎り」の3つの分類となります。浅煎りは甘さ・酸味を、中煎りは甘さ・酸味・苦味のバランス、深煎りは苦味…それぞれの香りと味がジャンル別に違います。珈琲専門店に行くと更に細かく、①ライト<②シナモン<③ミディアム<④ハイ<⑤シティ<⑥フルシティ<⑦フレンチ<⑧イタリアンがあり、①~浅煎り③~中煎り⑥~深煎りと覚えとくといいでしょう。

3. 浅煎りの特徴

主に海外で親しまれていますが日本でもここ数年で流行しています。飲み心地が軽やかで、華やかで明るい香りと柑橘系のような酸味が特徴です。苦味がほとんどないために豆本来の特徴が感じやすく、産地による違いが楽しみやすいと言えます。苦味が苦手な人におすすめできる焙煎度合いとなります。

4. 中煎りの特徴

日本では一般的に普及しておりスーパーや喫茶店等でよく見かけます。甘み・酸味・苦味のバランスが良く、クセのないほどよい飲み心地ですから比較的どなたでも楽しめます。

5. 深煎りの特徴

コーヒー発見の古くから親しまれており、日本では戦後に喫茶文化で栄えた馴染み深い味わい。意図的に焦がした焙煎で、苦味の中にある甘さでほっと息つくようなコクのある濃厚な飲み心地。ミルクと相性が抜群で、コーヒーチェーン店のアレンジコーヒーとしても幅広く使用されています。

6. 焙煎度合いで変わるコーヒーの世界を楽しもう

日常的に目にするコーヒーは、焙煎度合いによって様々な風味の違いがあることを分かって頂けたでしょうか。さらに生産国まで変わるとコーヒーの楽しみ方がもっと拡がりますから、それはまたの記事にてご紹介していきます。是非、これからは焙煎表示も意識して選びながら至福の一杯をお楽しみください。